トヨタ自動車北海道で期間工として働いていたときの事

スポンサーリンク
期間工

こんにちは

トアヒです

色んなブロガーさん達の記事を見ていて昔の期間工時代を思い出したので記事にします

かれこれ15年ほど前にトヨタ自動車北海道で期間工として働いていました

トヨタ自動車北海道は、北海道苫小牧市にあり、主にトランスミッションとトランスファーを生産しています

元々北海道のとある田舎で手取り13万円程度で働いていましたが将来を考えたときに

トアヒ
トアヒ

このままじゃ結婚して家庭を持つなんて出来ない

もっと稼げる仕事を探そう

と思い求人雑誌に載っていたトヨタ自動車北海道の準社員として応募しました

期間従業員ではなくて準社員という呼び名でした

ちなみにこの当時は彼女なんていません・・・

15年が経過した今でも当時の事を鮮明に覚えているのは印象が強かったからです

応募してから1週間もしないうちに面接がありました

面接の印象は元気なら誰でも働けるいう感じでした

面接のときに聞かれて一番覚えているのは借金の有無でした

当時のトアヒには借金がありませんでした

40歳のトアヒには借金がたくさんありますが・・・

働く前に健康診断があり、特に異常が無かったので無事、採用になりました

採用後、勤めていた会社を退職し【採用が決まれば退職しますと事前に伝えていました】

家賃5万円のアパートに引っ越しました

トヨタ自動車北海道には寮があります

15年前は、月額7000円でトイレと風呂が共同の寮でした

25歳のトアヒは寮が嫌だったのでアパートでした

今のトアヒは寮OKです

だいたい採用の合否が出てから入社まで2週間ぐらいでした

入社後は1~2日ぐらい教育でそのあと自分の配属先へ行きました

トアヒは第2工場のアルミホイールを塗装する部署に配属されました

ここに配属されてからリーダーさんの話が今でも印象に残っています

リーダー
リーダー

ここはトヨタに働く所を提供してもらっている場所です

皆さんの代わりはたくさん居ますから

ちゃんと真面目に働いてください

 

トアヒ
トアヒ

さすが世界のトヨタ、強気な発言だね

契約が切られないように真面目に働こう

今でも鮮明に覚えています

最初の担当した作業は塗装したアルミホイールの前検査です

簡単に言うとアルミホイールに傷など付いてないか確認する作業です

仕事の教え方ですが1日作業工程を見てから2日目から先輩と一緒に作業して

3日目から一人で作業する感じです

1本16秒で検査するんですがよくタイムオーバーをして、難しかった記憶があります

あとは見逃しですね

前検査のあとに最終検査があるんですが、最終検査ではじかれたりしてました

昼勤、夜勤、1つの勤務で約8000~9000本検査しますが、許されている見逃しは10本までです

よくリーダーに怒られましたね

リーダー
リーダー

お前は何を見てるのよ

ちゃんとやれよ

いつもリーダーには怒られていましたね

楽しいこともありました

一緒に働いていた人たちが同年代だったので、夜勤終わりに洗車にいったり工場にあるお風呂に

入ったりしました

本当に懐かしいです

あとは給与ですが、毎日残業が1~2時間程度あり、1ヵ月で40時間ぐらいありました

手取りで23万円~25万円だったと思います

働いた期間は半年です

その間に休日出勤はありませんでした

トアヒが居た半年の間で入ってくる人、辞める人は毎月居ました

人の出入りは多い方だったと思います

辞めてから知り合いに聞いた話だとトアヒが居た第2工場は一番つらい工場だったみたいです

現在、トヨタ自動車北海道ではアルミホイールは生産していません

平成17年のトアヒは

トアヒ
トアヒ

工場なんてこんなもんだよな

もう絶対働かない

と思っていましたが平成27年にまた期間工で別の会社の工場で働いたときは

トアヒ
トアヒ

しっかり一人でできるまで仕事を教えてくれるし

みんな親切だし、工場っていいじゃん

工場のイメージが変わりました

おかげで2年11ヵ月働くことができました

残念ですがトアヒが働いた平成15年当時のトヨタ自動車北海道はあまりいい印象はありません

ただこの記事の内容は15年前、2005年 平成17年のことなので、今とはまったく違うと思います

もちろん同じトヨタ自動車北海道でも、工場、部署でまったく違うと思うので、今後トヨタ自動車

北海道で働こうと考えている人がこの記事を見てもあまり参考にならないと思います

あくまでもトアヒの体験談でした

 

 

期間工
スポンサーリンク
アラフォーの期間工ブログ

コメント